読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【本の紹介】 国家はなぜ衰退するのか 権力・反映・貧困の起源 上

今回紹介する本はこちら『国家はなぜ衰退するのか 上』 上下巻の上巻の紹介です。(下巻はまだ読んでないため) 世界の歴史を紐解いてみると、国家という共同体はそこかしこで生まれ、そして衰退して滅亡しています。 この書では、なぜこの様な現象が起こっ…

【本の紹介】 すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

今回紹介する本は、芸人のマキタスポーツさんが書かれた、『すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)』です。 マキタスポーツさんといえば、最近ではドラマなどでも見かけるようになりましたが、私が最初に拝見した時は、音楽を用いたネタを披露す…

【本の紹介】 戦争と革命の世界史

今回紹介する本は、『戦争と革命の世界史 (だいわ文庫 H 320-1)』です。 この本は、Amazonで歴史関連の本を適当に観ていた際に、おすすめ商品として紹介されていたのを観て、なんとなく興味を持って購入してみました。 本のタイトルは『戦争と革命の世界史』…

【本の紹介】 魔女の世界史

今回紹介する本は、『魔女の世界史』です。 この本を知った切っ掛けですが、私の趣味の一つがPodcastを聴く事で、多くの番組を聴いています。 そんな中の一つに、『東京ポッドキャスト』という東京リチュアルというところが配信しているオカルト番組が有るの…

【本の紹介】 アシッド・ドリームズ―CIA、LSD、ヒッピー革命

今回紹介する本は、【アシッド・ドリームズ―CIA、LSD、ヒッピー革命】 この本を知ったのは、ちょうど一年程前(2015年5月)に、なんば紅鶴で行われた『魔術者から見た科学の今ココ!!』というイベントに参加したことが切っ掛けでした。 そのイベントの…

【本の紹介・感想】(後編) 反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか

前回の続きです。 まだ読まれていない方は、先にそちらをお読みください。 kimniy8.hatenablog.com この本の中盤から後半にかけては、基本的に既存のカウンターカルチャーに対する反論が書かれています。 基本的な流れとしては、それぞれのカウンターカルチ…

【本の紹介・感想】 (前編) 反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか

今回、紹介する本は、【反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか】です。 この本を読もうと思った切っ掛けですが、去年(2015年)の半ばに、カウンターカルチャーについて興味を持った時期が有り、Amazonで関連書籍を探していた際に…

【本の紹介】 ドラッグ・内面への旅

今回紹介する本は【ドラッグ・内面への旅―インドの阿片・LSDから幻覚性茸・覚醒剤まで】 最初に注意として書いておきますが、今回の投稿ではドラッグ(麻薬)に関する内容が含まれています。 当然のことながら、ドラッグの使用を推奨するような内容では有り…

【本の紹介】 楽観主義者の未来予測

今回紹介する本は、【楽観主義者の未来予測 上】です。 この本の内容を一言で表すなら、タイトル通り、楽観主義者の視点で語られる、未来予測の話です。世の中に出回っている情報は、どちらかと言うと暗いものが多い。 それらのニュースに接していく内に、ド…

【本の紹介】 シグナル&ノイズ

今回は久しぶりに、読んだ本の紹介をします。 タイトルは【シグナル&ノイズ】 統計学の専門家が、人が何故間違った予測をするのかについて書いた本です。間違う理由を簡単に書くと、物事を正しく理解する為の要因の捉え方を間違うからです。物事を正しく捉…