読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【おすすめPodcast紹介】 大阪の一般人によるPodcast ( #だげな時間)

私の独断と偏見のPodcast紹介コーナー。
第114回。

過去に書いた投稿
タイトル紹介はこちら
エピソード紹介はこちら

今回は、【大阪の一般人によるPodcast】

大阪の一般人によるポッドキャスト

大阪の一般人によるポッドキャスト

  • おかよ&柴山ケン
  • コメディ
  • ¥0
です。


今回紹介するwebラジオは【大阪の一般人によるPodcast】

正式名称は
阪の一般の男と女が
阪市のワンルーム
ぁーっとしゃべったり
ラゲラ笑ったりしてたら
んだかんだでめっちゃええ感
になるんちゃうか?そんな
じでやってまうん。

という、結構長いタイトルで、各行の一番最初の文字を縦に読んで『大大だゲなじ感』。
それを更に略して、『だげな時間』としたものが通称となっています。

放送時間は15分前後と短いですが、更新日が月~金曜日の週5回と素人ラジオとしては驚異的な更新頻度となっています。

どんな番組かというと、公式サイトの説明文が分かりやすいので引用すると
『≪毎週 月~金 更新!≫ 「大阪人二人寄れば漫才師」 果たしてそれは本当なのか 大阪市ワンルームから お送りする一般人による一般人のための たぶんエンターテイメント!!! これが、浪速のポッドキャストやで!!』
という事で、簡単にいえば、柴山ケンさんと おかよ さんの大阪の男女によるフリートーク番組です。

テーマとして取り扱う話題の多くは、日常で思ったことや感じた事など。
コンビニでちょっとモヤッと思ったことから、過去の思い出話しや、ゲームの話まで、結構幅広く話されています。
そんな中でも得意分野があるようで、柴山さんは映画の話を取り上げられる場合が多く、おかよ さんの方は競馬について熱く語られます。
メールがある場合は、その内容から話を広げるといった感じですね。

聴いてみた感想ですが、先ず最初の印象としては、話が上手い!
15分番組で、編集などもそんなに行われてはいないと思うのですが、かなりクオリティーが高いです。
『大阪人二人寄れば場漫才師』果たしてそれは本当なのか。と公式に書かれていますが、本当に漫才師という感じ。
この二人が大阪人の基準になってしまうと、他の大阪の人も同程度の話術を持っているんじゃないかと期待されて、可哀想なんじゃないかと思ってしまう程ですね。

番組構成は、どちらか一方が話し役というわけでもなく、テーマによって話し手と聴き手が入れ替わる番組ですが、双方ともに聞き役も上手く、良い感じでリアクションや合いの手なども入れてくれます。
また、お二人の趣味趣向も違う為、相手の知らない分野について話す際に、その分野について知識が深くない人向けに基本的な説明などから入ってくれる為、リスナー側としても非常に聴きやすい番組に仕上がっていますね。
ただ15分番組という事なので、1から丁寧に説明してくれるということは、必然的に深い部分にまで話が及ぶことは少ないのですが、いろんな分野のことを広く浅く知りたい私の様な人間にとっては、これぐらいがちょうどよいって感じの掘り下げ方になっています。

その他の印象としては、お二人を取り囲む環境がラジオを通して漏れ伝わって来る感じも面白いですね。
例えば、おかよ さんの場合は、妹から番組宛てにメールが来たり母親の話題が出たりと、家族の仲の良い感じが伝わってきます。
一方で柴山さんの場合は、プライベートな話は出てきませんが、自身で聴いているPodcastの話題などを出されます。
そこで取り上げられたPodcastの方々がメールやTwitterを通して反応され、回を増す毎にPodcastの交流範囲が広がっていく様を感じ取れます。

こんな感じで、お二人の近況や周りを取り囲む環境、興味を持った出来事や関心を持った話を連日聞かされると、お二人とは全く面識がないはずなのに、結構、仲の良い友達のように感じられて不思議な感覚になったりも。
番組に寄せられるメールなどでも、『友達の家にいるような・・・』といった感じの感想が多く寄せられているので、同じように感じておられる方も多いんでしょうね。

この様な感じの雰囲気のラジオは、個人的には聞く側が番組の雰囲気や配信者の情報を知っていれば知っている程、面白いと思いまね。
もし、この投稿を読んで興味を持たれた方は、第一回目から全て聞くことをお勧めしますね。
週5回更新のため、更新回数は既に結構な数になっていますが、放送時間が15分と短い為、1.5倍速で聴けば今からでも十分追いつけるのではないでしょうか。
番組との一体感が楽しい番組なので、積極的にメールを送るなどの行動を取ると、より楽しめるかもしれません。

聞いている人との距離感が近いラジオ。『だげな時間』
お勧めです!

広告を非表示にする