読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【ゲーム紹介】 アンチャーテッド  海賊王と最後の秘宝

今回紹介するゲームは、アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝



スピンオフを除く、アンチャーテッドシリーズの4作目。
そして、シリーズの完結編でもあります。

アンチャーテッドシリーズを全くご存知のない方の為に簡単に説明すると、体験する映画の様なゲームです。
インディー・ジョーンズなどのアクション映画では、ハラハラ・ドキドキするような事が次々に起こり、敵が主人公に襲いかかりますよね。
主人公は襲いかかる追手と戦い、時には逃げながら、様々なハプニングを乗り越えて目的地を目指していく…
そんな主人公を自分が操作できるのが、このゲーム『アンチャーテッド』です。

タイトル名は、このシリーズの第一作目で、主人公のネイトが冒険費用欲しさにテレビのアドベンチャー番組『アンチャーテッド』に話を持ち込んだところからきているようです。
過去にエルドラドやアトランティスを発見してきたネイトですが、今回挑戦するのは、海賊の財宝。
これまでと同じように、敵対する傭兵軍団が有り、それらと争いながら謎を解いていく感じになっています。

基本的に一本道でストーリーが進んでいくスタイルで、やるべきことがハッキリしていて迷わなくて良いのがこのシリーズの良い所。
ゲームのプレイ時間も短めで、なかなかゲームをする時間を作れない社会人にとっては、有難いシリーズですね。
とはいっても、ゲーム時間に比べてお値段は据え置きって感じなので、その点については厳しいんですけどね。

気になる今回の物語ですが、ストーリーは死んだと思い込んでいたネイサンの兄さんが生きていて、助けを求めてくるところから始まります。
過去作には兄の存在が一切語られていなかったと思うので、ちょっとビックリな展開ですね。

やってみた感想ですが、一番衝撃を受けたのが、グラフィックの美しさ。
物凄く良く出来た映画のセットの中を動き回れるって感じといえばよいでしょうか…
特に、自然の描写が凄すぎですね。

今回は孤島をメインで探索するのですが、そこら中に50センチ程度まで成長した草木が生えているんですよね。
その中をかき分けて進んでいくと、ちゃんと草木が対応して揺れるところが、かなりリアルで凄い感じ。

またこの『少し背の高い草』等は、敵から隠れる為にも使えたりします。
敵の巡回ルートを隠れつつ確認し、一人になった所で草むらに連れ込んで暗殺なんてことも。
この様なアクションのお陰で、今までのアンチャーテッドシリーズとは戦闘が少し変化したようにも思えますね。

今までのアンチャシリーズの戦闘といえば、無限と思えるほどに湧いてくる敵を銃で打ちまくる戦闘スタイルだったように思えますが、今回の作品に関しては、ステルスキルや敵を倒さずにやり過ごすなんて事が出来やすい用に感じました。
前作までは軍隊相手に一人で撃ち合って勝つって感じでしたが、それに比べると、より現実路線の選択肢が選べるともいえますね。

とりあえず敵を全滅させてから進むというスタイルだけでなく、出来るだけ殺さずに、且つ、見つからないように先に進んでみるというのも、面白そうですね。

その他は細かい部分にはなりますが、砂や泥、水の描写も凄い。
例えば、水の浅瀬を走ったりすると、足の前の水を蹴り上げるような感じになりますが、それも結構リアルな感じで表現されています。

また砂や泥の上を歩くと、ちゃんと足跡が付きますし、泥の上を車で走ると、タイヤの跡がくっきりと残ります。
銃撃戦などでも、ブロックのような壊れやすい物に当たると、その部分だけ崩れ落ちるといったことも表現されています。
細かい部分まで丁寧に作られているため、このグラフィックを観ているだけでも満足してしまいそうなほどですね。

PS4のゲームでは、現状で最高レベルのグラフィックだと思いますので、技術の進化を観るという点でも、一度体験されてみては如何でしょうか。
おすすめです。

広告を非表示にする