だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【おすすめPodcast紹介】 日経ヴェリタス 曽根純恵のナルホドそーね

私の独断と偏見のPodcast紹介コーナー。
54回。(過去回は、旧ブログです)

今回は、【日経ヴェリタス 曽根純恵のナルホドそーね】

です。


このPodcastは、日経新聞社が出版している日経ヴェリタスの販促番組です。
元々はラジオNIKKEI内の番組として現在も放送しているものを、Podcastでも聴けるようにしてくれているコンテンツ。
日経新聞社が関係していることからも分かる通り、経済番組です。

番組のタイトルの冠となっている曽根純恵さん。
知らない人も多いかもしれませんが、現在は日経CNBCのキャスターをされている方です。
ちなみにこの番組には前身となる番組、【大江麻理子のモヤモヤとーく】という番組があったり…
大江さんといえば、モヤモヤさまぁ~ずで有名ですが、その大江さんがメインのPodcastモヤモヤを使う辺り、日経CNBC・ラジオ日経テレビ東京の関係性が透けて見えたりしますね。


…と、前振りがかなり長くなってしまいましたが、この番組内容としては、今現在の経済についての解説番組です。
ラジオNIKKEIという、投資家しか聴いてないようなラジオで放送されていることからも察しがつくかもしれませんが、基本的には株式投資家に向けて放送されています。

株式投資家に向けてというと、『どの銘柄を買ったらいいのか』といったギャンブル的な放送内容を想像する方も多いでしょう。
ラジオ日経自体がギャンブル放送的な部分もありますしね。

しかしこの放送は、そういった番組とは少し違います。

どちらかというと、株式相場を取り巻く経済状況がどのようになっているのかを解説することをメインにされています。
その為、特に株式投資をしていない方が聴いても、役立つ情報が得られるコンテンツだと思います。


番組内容ですが、毎回、専門家やヴェリタス編集部の方をゲストを呼んでのテーマトーク。
新聞がヘッドライン的に日々起こるニュースを短い文章で伝えているのに対し、日経ヴェリタスは週一の発売の為、一つの話題を掘り下げる傾向にあるようです。
(私は読んだことは有りませんが。)
この番組もその流れを受け継いでいるのか、一週間の流れを箇条書きで説明というよりは、話題となっている一つのテーマに焦点を絞り、少し掘り下げる感じの構成となっています。

基本的にはラジオ日経を聴く層を意識しての番組作りの為、普段のニュースでワイドショーしか観ない方にとっては、理解出来ない部分有るかも知れません。
しかし、曽根さんというリスナーを想定した方に説明する様な感じで経済を語ってくれますので、テーマの割には分かりやすいと思います。

もし話されている事が理解できない方は、わからない単語をメモし、後でネットで調べる事によって、経済の勉強もできると思います。

大げさな話では無く、この番組を理解できるようになった状態で数ヶ月聴くだけで、テレビに出ている専門家が話す内容以上の事は、自分で考えられるようになるでしょう。
そういった意味では、経済の勉強番組という使い方も出来ますね。
普段から経済系のニュースを収集している人は、確認程度に気軽に聞ける内容となっています。
30分という尺も、調度良く集中できる時間で良いですね。

お勧めです。

広告を非表示にする