だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【おすすめPodcast紹介】 そんない理科の時間

私の独断と偏見のPodcast紹介コーナー。
第100回。

過去に書いた投稿
タイトル紹介はこちら
タイトル紹介はこちら

今回は、【そんない理科の時間】

そんない理科の時間

そんない理科の時間

  • そんないプロジェクト
  • 自然科学
  • ¥0
です。


今回紹介するwebラジオは【そんない理科の時間】
この番組は、そんないプロジェクト内の番組の一つという事で、そんないメンバーの方、2~3人が放送されています。
ラジオを聴いた人が、理科的な視点でものを考える切っ掛けに成るようにと作られた番組のようです。

放送時間は40分前後と1時間には満たない程度の時間で、勉強ラジオとしては集中力が続く調度よい時間。
更新頻度は週1回の木曜日の放送です。

理科の時間という事で、理科や科学の話題をテーマとして取り上げて解説して下さる番組です。
【よしやす】さんという方が主に先生役をされていて、他の出演者の方が聞き役に回るという形式で進行していきます。


実際に聞いてみた感想ですが、一つのテーマを1時間弱使って解説してくださる為、結構分かりやすいが良いと感じました。
私は、科学・理科系のPodcastを何個か聴いているのですが…
それらのラジオは、1回の放送内で複数個のテーマを取り上げたり、時間自体が結構短かったりと、一つのテーマについての時間が結構短いものが多かったんですよね。
といっても、これらの番組が悪いと言っているわけではないので、誤解しないでくださいね。

すぐに終わる話題を複数個取り上げての番組は、これはこれでテンポが良く、短時間でいろんな話題を聴けるという点では非常に良いと思います。
ですが、これによって一つの分野の知識が深まるかといえば、ちょっと違うような気もするんですよね。
どちらかというと、普段使える雑学が増える感じ。
そういう使い方が出来るラジオも有益だと思いますが、もう一歩踏み込んだ話も聞いてみたいという時には、物足りなさを感じる時もあるんですよね。

その点このラジオは、一つのテーマで40~50分程度と、学校の授業のと同じ様な長さ。
集中力が持続し、且つ、それなりの時間という調度良い放送時間で放送してくれる為、かなり有り難いですね。


『一つのテーマで、40~50分程度の授業』
こういう説明を聞くと、少し堅苦しい印象を受ける方も居らっしゃるかもしれませんね。
しかし実際に聞いてみた印象ですが、そんなことは全く有りませんでした。
先生役の方は、落ち着いた雰囲気で淡々と進行していく感じの雰囲気ですが、聞き役の2人の方が、時にはボケたりと賑やかしてくれるため、番組の雰囲気は終始、明るいです。

といっても、単純にワイワイ騒ぐだけでは有りません。
リスナー目線に立って、時には質問し、先生役の方の解説が少し難しいと感じた場合は、別の言い回しで表現してくれたりと、テーマの理解をより深めるような役割もされています。
その為、私の様な学が全く無い人間が聴いても、聞いている間は理解しているような気になれる所が良いですね。

きっちりと役割分担ができている感じが、非常に聴きやすくて好印象でした。


私の場合、理科や科学の知識って、実際に勉強している学生時代には全くといって良い程、必要性を感じませんでした。
その為、授業を聞いても右から左。
しかし、実際に世の中に出て生活していると、自分の周りにあるものや、ちょっと不思議な現象に、科学が関係している事を知ることになりました。

それからは、科学に対して興味は有るけれども、自分で一から勉強をする気にはなれなかった状態が続いていたんですよね。
そんな中で聴き始めた、この番組。
毎週、ダウンロードして聴くだけで科学の情報を知ることが出来るのが、非常に便利に感じました。
音声で聞くという作業は、本を読む労力に比べてかなり楽なので、軽い気持ちでの勉強にはもってこいなんですね。

基本的に、私のように化学の知識が余り無い人をターゲットに絞っての放送だと思いますので、既に化学の知識をお持ちの方は、退屈に感じることも有ると思います。
ですが、私のように『もう一度、理科・科学の分かりやすい授業を聴いてみたい』という方には、是非聴いてもらいたいですね。
オススメです!

広告を非表示にする