読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

PS4PROを買ってみた (テレビのアップデート PS4のデータ移行の話など

雑記

先日のことですが、2016年の11月に発売されたPS4Proを購入しました。
購入を決めた一番大きな理由としては、今年(2017年)の正月にHDR対応4Kテレビを購入したからです。
kimniy8.hatenablog.com
最近のゲーム、特に洋ゲーは、ゲーム内に出てくる本やメモ・スマホといった細かい文字を見刺されるケースが多くなってきました。
元がPCゲームという事もあるのでしょうが、この細かい文字をテレビで見るのが結構つらい。そんな思いから、テレビを購入したんです。

テレビを購入すると、次に気になるのがゲーム機。
丁度、私が現在プレイ中のフォールアウト4や、DLC全部同梱して新たにリメイクされた、Skyrim Special Edition。
現在買おうと思っている、Horizonなどが4kのproに対応したという話も聴き、非常に気になっていたんです。


            

気にはなっていたけど、決して安い買い物ではない。
という事で、リサーチしまくった所、以下のことがわかりました。
私が調べた所、一番多くて深刻な問題は、テレビとの相性が悪いと4kもHDRも使えないというもの。ちなみに私の持っているテレビ(UH6500)は、微妙に対応してないっぽい。
折角購入するのに、一番の売りである部分が使いないのは、正直辛すぎる。
また、実際に購入しようとしても、Amazonなどでは品薄なのか定価で買えない状態になっている。
ただでさえ高い買い物なのに、転売屋に更にプレミアム料金上乗せしてまで書いたくない。
結果、一旦、様子見を決め込むことになりました。

しかし、様子見を決め込んでいる間も気になって、ネットに繋いでいる時は常に『ps4 pro 比較』などで調べてしまう状態。
『これは色んな意味で、購入しないと駄目だな。』と思い、前向きに調べてみると、テレビの方でps4proに対応したシステムアップデートソフトを配布しているという情報をキャッチ。
早速、LGの公式サイトに行ってみると、本当にソフトウェアが更新されている。
しかしテレビの方でバージョンアップをかけてみると、アップデートが出来ない。
どうやら、アップデートの為のソフトは配布しているが、自動アップデートには対応できていない様子。
USBで接続出来る記憶媒体が有れば手動アップデートが可能とのことなので、、早速、手動でのアップデートに挑戦。

ソフトウェアの入手方法は、LGの公式サイトに行って、右上の【サポート】という項目をクリック。
すると、新規窓でサポート項目がズラっと出てくるので、一番左下の【ソフトウェアダウンロード】をクリック。
製品の型番を入力する画面になるので、そこに型番を入れればOKです。

最初は、『ダウンロードしたzipファイルを入れたusb機器を差し込めばよいだろう。』と簡単に考えていたのですが、これではアップデートは不可能。
ネットで検索するも、方法は自動アップデートの方法しか出てこない。
そこでダウンロードしたzipファイルを解凍、その後、アップデートファイルっぽいものだけを取り出してテレビに認識させるも、不発。
途方にくれていると、ダウンロード画面にはシステムファイルだけでなく、pdfもあることに気がつく、しかし、それを開くと、全部英語…
『無理やん』と脱力感に襲われるも、注意深く見ていくと、全部英語ではなく、全部違う言語で書かれているっぽいことが分かる。
『これは、探せば日本語があるかも!』と思って下の方にスクロールすると、見事に日本語ページを発見。

それによると、zipファイルで配布されているシステムファイルを回答してusb記憶媒体に書き込むわけですが、この際、記憶媒体の方に新規フォルダを制作し、フォルダー名を『LG_DTV』にする必要が有るようです。
この手続をしないと、外部ストレージを接続しても、写真や動画閲覧の選択肢しか出てきません。

何とか無事にテレビの方のアップグレードも済み、残りは買えるかどうかだけ。
先程も書きましたが、ただでさえ高いものをプレミアム料金を払ってまで書いたくないんです。
しかし、Amazonでは一向に定価販売にはならない。
そこで、ダメ元で近所の古本市場に行ってみると…普通に在庫がある!何台も!

ps4proは、品薄とはいってもPSVRまでではないようで、普通に店舗に行けば在庫はあるっぽいですね。
これで、テレビの相性問題と購入問題が解決してしまったことで、買わない理由がなくなってしまいました。
格言でも、『買わない理由が値段なら買え』というものがありますし、このまま買わずにいた場合、proに買い替えたらどれほど改善するのかを検索し続けるんでしょうし、その時間も勿体無いということで、購入しました。

後、私のようにノーマルからproに買い換える人の為に注意点を書いておくと、ps4とproは、繋げればデータ移行も簡単!との触れ込みでしたが、私の場合は同じネット回線につなげてもデータ移行は出来ませんでした。
症状としては、新しいps4の方でネットワークに繋がった旧ps4を見つけられないというもの。
説明書によると、旧ps4をpsnにログインした状態で立ち上げ、その後、ps4proを立ち上げてデータ移行を選べば問題なく出来ると書いてありましたが、実際にはネットワークに繋がったps4は見つけられず。
また、一度データ移行の作業を行うと、proの方でもpsnにログインしてしまうようになり、その度に旧ps4psnからはじき出される為、旧ps4psnにつながっている状態を維持できない状態になるんですよね。

ただ、私の場合はps plusに加入していた為、セーブデータはオンラインストレージにアップロードされていた為、proの方にプレイしたゲームをインストールすればセーブデータはダウンロードできる為、プレイする上で支障はないんですけどね。
データ移行の場合は、1時間ぐらい本体を放置すれば全ての作業を自動でやってくれる一方で、こちらの方法はソフトを手動でインストールしなければならない分、手間はかかりますけどね。
PS4のシステムは今後アップデート予定で、外付けHDDにゲームのインストールやセーブができるようになるらしいので、そうなると、移行はもっと楽になるから、この点は気にしなくて良いかもしれませんが。

実際にプレイした感想ですが、劇的に改善しているのかといえば、そうでもない感じがします。
プレイ画面を間違い探しのように、目を皿のようにして比較しまくれば違いは見つかるんでしょうけども、普通にプレイしている感じでは、『描写が全く違う!』って印象は受けませんでした。
ただ、遠くのオブジェクトまで描画できるようになっているようで、より『そこに居る感』は増したような気がします。
また、事ある毎に『綺麗だなぁ。』と景色やシーンに見とれることも有るので、かなり綺麗になっているのかもしれない。
その他には、ノーマルps4では建物が多くて人口が多いところなどは、カクカクなる事も有ったのが、そんな事は一切なくなった感じでしょうかね。
これから発売されるソフト、特にAAAと呼ばれるソフトは、pro用にハイレベルなグラフィックを使ったソフトを出してくるでしょうし、今から新規で買う人がいれば、proをオススメしますね。


       

広告を非表示にする