だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

PSVRは転売ヤーから高値で買う価値があるのか考える

昨日(2016年10月13日)、ついにPlayStation VRが発売されましたね。

私はというと、VR発売祭りから弾き飛ばされた為、既に『今すぐ欲しい!』というモチベーションが低下しまくっている状態であります。
『VR発売祭り』はどんなゲームかというと、事前予約を完了し(最悪、当日発売分を購入)、SNSなどで『没入感凄い!』って感じでアピールしまくり、そして誰よりも早く『もう飽きたw』と投稿するゲーム。

私の住む地域では販売店は3軒しか無く、それも結構遠い。しかも私は土曜日仕事ということで、Amazonでの予約で頑張ってみたのですが…
3回の内2回はカスリもせず、後の1回はカートに入れるボタンを押した時点で『この商品は買えません』と表示されて終了。
当日販売分については、9時前後に運良く仕事でPC前で作業していたので、Amazonページを出しながら作業していたのですが、売り出した事が分かって直ぐに『カートに入れる』ボタンを押すところまでは行きましたが、住所指定などの操作をしている内に完売したようで、『この商品は買えません』と出て終了。

予約も出来ず、当日発売分を購入する事もできなかった為、僕の祭りはこの時点で終了です。
正直な話、PSVRの購入目的の大部分が、この自分で勝手に決めた祭りに参加する事でしたので、この時点で僕の『買いたい!』欲は、ほぼ無くなってしまったという感じでね。
今は売れ過ぎて販売店を絞っている状態ですが、この状況で無理をして買おうと思う気持ちは一切ない。
買うのであれば、近くにあるゲームショップやAmazonで常に在庫がある状態で、落ち着いて買いたいと思っているのが今の心境です。

そう思う一番の理由は、ソフトでしょうね。
今現在のVR用ソフトは、ゲームと呼べるようなものが殆どありません。
売れ筋ソフトとしては、お金を払って家庭教師をする体験ソフト『サマーレッスン』や、ボーカロイドやゲームキャラ(アニメキャラ?)のライヴ観戦だそうですけども…
家庭教師にもキャラクターのライヴにも、興味はない。また、これらのソフトですが、プレイ時間が一瞬で終了してしまうソフトのようなんですよね。
昨日が発売日で昨日の時点でのTwitterや掲示板の書き込みを見ていると、『サマーレッスン10周クリアーして流石に飽きた』というような意見を見かけました。
発売当日で10周出来るって、これはゲームというよりデモって感じ。これに3千円も出すっていう気にはなれないんですよね。

個人的な趣味の話を言わせてもらうと、『GTA』や『アサシンクリード』『フォールアウト』『スカイリム』等のシリーズ。そして、全米を車で走れるザ・クルーの様なゲームがやりたいんです。
『外国の雰囲気や過去の世界、ファンタジーや文明崩壊後等、実際に行くのにとてつもなく労力がいる場所や絶対に行けないような場所に訪れたい!』っというのが、私の希望だったりするのですが…
発売日の時点では、そんな感じの私の欲しいゲームは出てないんですよね。
既に発売が発表されているものでいえば、UBIソフトの『Eagle Flight』なんてのはやってみたいですが、それも発売は来月ですし、それ一本だけでは買う動機としては薄い感じ。
毎年のように発売しているアサシンクリードが、今年VRに対応した形で発売!なんてことになれば、何としてでも今年中に買いたいと思うのでしょうが…
アサクリの新作は、今年は出ないようなんですよね。
既に発売しているGTA5やFall OUT4が追加アップデートでVRに対応してくれれば、強く背中を押された感じで購入するかもしれませんが、その発表もまだない。
つまり現時点では、購入した所でプレイしたいゲームがない為、買う気が起こらないって感じですかね。

購入を見送っている理由として次にあげられるのが、画像でしょう。
PSVRはフルHDの解析度があるようですが、この解析度は、視野の一部分しか占拠しない40インチ前後のディスプレイで観ていると問題なく見れますが、これが視野全体がディスプレイになってくると話は変わってきます。
視野全体を1920×1080で表現するため、結構、画像が荒いっぽい。
一部の話では、現実と同じようなグラフィックを再現しようと思えば、フルHDといったレベルではなく、4kでもなく、16kぐらい必要なんじゃないかとすら言われています。
そのためでしょうか…発売後にAmazonレビューを観てみても、画像が荒いことを指摘しているユーザーが結構な割合でいらっしゃいます。

ここで少し気になったので、PSVRの解析度についてもう一度調べてみることに。
その結果わかったことは、フルHD画質はPSVRの性能を完全に引き出した状態での解析度のようで、能力をすべて引き出すには『PS4 Pro』という、今後出るハイスペックなPlayStationが必要とのこと。
つまり現行機では、フルHDすら出ていないということで、画質はかなり悪いっぽいです。 
SNSや掲示板で体験した人の書き込みを観ると、画質的にはPS2並。
今後、ソフトを作り慣れていくことでグラフィックが改善する可能性は有りますが、PS4に慣れてしまっている現在、PS2並のグラフィックというだけで、ちょっとね…

とはいっても、proの登場でグラフィックは改善の余地がある。
そして、どうせVR体験をするのであれば少しでも良い状態でやりたいというのが人情。
やるならPlayStation 4 Proでプレイしたい。
となると…
転売ヤーに2~3万円の手数料を払ってPSVRを購入するよりも、今ある現行機のPS4を売り払い、その金と転売ヤーに払う予定だった手数料分とを合わせた金でPlayStation 4 Proを購入する方が賢いのかも?
Proが発売した後には、PS4との画質の差等もレビューされるでしょうし、それを観てからでも遅くは無いと思います。

proの発売にはまだ1ヶ月ありますし、1ヶ月有れば今の状態も少しは落ち着いているかもしれないし、キラーコンテンツになりうるビックタイトルの発表もあるかもしれない。
そう考えると、ゆっくり待っているのが一番賢いような気がするんですよね。

というか、いっその事、第二世代VRが発売されるのを待つというのも、一つの手かもしれない。
その頃には大量にソフトが出ているでしょうし、デモではないちゃんとしたゲームが低価格で販売されているでしょう。
今はコードだらけのPSVRも殆どが無線化されて快適になっているでしょうし、今現在挙げられている大半の問題も解決している可能性すらあるでしょうしね。

どちらにしても、現状では焦っても損しかしない状態だと思うので、買えなかった人は、転売ヤーから高値で買わずに落ち着いて待つほうが良いと思いますよ。

広告を非表示にする