読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

自転車で勝手に転倒問題

私は普段、主な交通手段に自転車を利用しています。

先日の事ですが、仕事が終わった後に自転車で出かける機会が有りました。
自転車で車道の左側を走行していると、100mぐらい先の交差点の信号が、赤から青に変わりました。
私の前に車が5~6台停車していたのですが、それらの車は順次、交差点を通過する為に進んでいきました。

すると、自転車に乗っている老人の方が、交差点の左側から現れました。
その老人の進行方向的には、信号は赤です。
文字で書くと分かりにくいので、図にしてみました。


f:id:kimniy8:20151009190153j:plain

この自転車に乗った老人ですが、赤信号を見ていなくて急ブレーキをかけたのか、それとも、握力がなくてブレーキがかかり辛かったのか、交差点の目前で何とか停止。
その際にバランスを崩し、勝手に点灯してしまいました。

ちなみにこの道路、片道2車線の結構大きめの道路。
注意深い方は、図を見た時点で分かった方も居らっしゃるかもしれませんが、見事なまでの逆走。
しかも、第一車線のど真ん中を走っていて、第2車線に頭を向けての転倒でした。

幸いなことに、左折する車は無く、全ての車が直進していたので、老人が勝手にコケただけで済んだのですが、左折する車が有れば、より酷い事故に繋がっていた可能性もありました。
その老人は、車には一切接触せずに、勝手にバランスを崩して転倒しただけなので、私が交差点に差し掛かる頃には、自分でスッと立ち上がって自転車を起こしておりました。

それを観て、『危ない人もいるもんだなぁ』と思う一方、『他にも同じようなケースって結構起こっているのかな?』と思った私は、家に帰ってから【老人 自転車 勝手に転倒】でグーグル検索をしてみました。
すると、予想を超えるビックリするような事例が出てきました。
それを見た私は、正直ビビりまくりですよ。

その記事はこちら。komachi.yomiuri.co.jp
一部で有名な掲示板ですね。
ここに書かれていた事を簡単に説明すると

・前に走っている自転車にビックリした老人が、車に接触すること無く勝手に転倒。
・その老人を心配して、自動車の運転手が駆け付けた所、「たいした怪我ではないし急いでいる」とその場を去る。
・その後、その老人が、「転んだのは車のせいだ」と警察に通報し、治療費として70万円の請求をされた。

これ、コワすぎないですか?

私も自転車を運転していてよく出くわすケースに、私が道幅6メートルぐらいの道路をゆっくり走っていると、道幅1.5メートル程の路地から、老人がノーブレーキで飛び出してきてぶつかりそうに成るケースが結構有ります。
この車のケースも、老人側が優先道路等を認識せずに、道幅の狭い道路からノーブレーキで交差点に侵入した場合も考えられます。
それで車を見てビックリし、勝手に点灯して70万円請求って、相当怖い。

先程紹介した掲示板では、損保の事故係(自称かもしれない)からの書き込みが有り、この様なケースは警察判断によっては充分考えられるそうです。

私が遭遇した、道路を逆走したお婆さんが勝手に転倒したケースも、お婆さんが抜け目なく、交差点を通過している車のナンバーを覚えていたら、警察に通報されていたかもしれない…

もうね、普通に電車に乗っていて降りようとしたら、急に女性に手を掴まれて、『この人痴漢です!』って言われるようなものですよ。
先ほど紹介した記事自体は、2011年のものなので、今年(2015年)の6月から道路交通法が改正され、自転車への罰則が強化された今現在では、自転車側の責任も追求されるようになっているのかもしれませんけどね。

…と、今回は、逆走した老人が勝手に転倒した現場と、それを観て検索した記事に驚いてしまって、ちょっと極端な例で書いてしまいました。
問題がある運転をする自動車があるのかといえば、存在します。

私の体験を書くと、私が道路の左側を走っている時、歩道で立ち止まっている人が手を挙げました。
それを見たタクシーが、私をガードレールと車の間でハサミ殺さん勢いで幅寄せ。
その後に私を追い抜き、直後に急ブレーキをかけて、客を乗せるために自動ドアを開けるという事が何回か有りました。

こういう輩もいるので、自転車か車かどちらが悪いと断定する気も無いのですが…
まぁ今回の経験で、事故に巻き込まれないような注意とルート選択は常に心がけようと思った次第でございます。

広告を非表示にする