だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

【おすすめPodcast紹介】 都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ

私の独断と偏見のPodcast紹介コーナー。
第72回。

過去に書いた投稿
タイトル紹介はこちら
タイトル紹介はこちら

今回は、【都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ】

です。


今回紹介するラジオは、久しぶりにPodcastランキングを観た時に見つけ、タイトルに惹かれて直ぐ様ダウンロードした番組です。
リリー・フランキーさんに怒られそうなタイトルですが、【都市伝説】【イルミナティ】という言葉からピン!と来る方も多数居らっしゃると思います。
主に陰謀論をテーマにした放送です。

番組の紹介の前に、まず陰謀論についての説明をした方が良いと思うので、反論も有るとは思いますが、私が思っている陰謀論の説明を。


世の中には、様々な学説や証言等が存在します。
あるものは、一面から見た事実を端的に表したものでしょうし、あるものは捏造かも知れませんし、勘違いの証言等もあるでしょう。
また、その中から事実だけを取り出せたとしても、それをつなぎ合わせれば真実になるわけでは有りません。

この世界はカオスで、事実を集めて正しく向きあえば予測できるというものでは有りません。
当然、一人の人物や1つの秘密組織が絵を書いた通りに動くはずもない。

その前提の中で、敢えて、様々な説や証言を元に、綺麗な1本のシナリオを創りあげるのが、陰謀論
ある程度、複雑な程に魅力を増し、何でもかんでも包括してしまうほど規模が大きいほど面白い。

しかし、余りに馬鹿らしいものだと、端から信用することが出来ない。
『もしかしたら本当なのかも』と思わせるほどの真実味。
これらの要素が全てバランスよく混ざり合ったものが陰謀論

そして私は、そんな陰謀論が大好きなんです。


さて、番組の紹介に戻りますが、その陰謀論を中心のテーマに据えたのが、この番組です。
番組を制作されているのが放送作家で、芸人さんに台本などを作られている方という事で、話の組み立てが非常に上手いです。

番組の初めは、陰謀論としては既にメジャーになり過ぎている感はあるが、外すことは出来ない【フリーメイソン
そこから始まり、血液型占いといった、日本人にはお馴染みの話題などにも焦点が当てられます。

テーマとテーマの繋ぎもそうなのですが、一つのテーマ内でも同じ様に【本当っぽいもの】【ウソっぽいもの】を織り交ぜてくれています。
都市伝説や陰謀論を繋ぐ合間に、ボーダーラインを設定せずに本当っぽい話を放り込んでくれている為、どこまでが陰謀論でどこからが本当の話なのか、そもそも本当の話はあるのか、それとも、実は、全てが本当の話なのかといった、陰謀論の醍醐味を味わうことが出来ます。

また私は無知で、この番組を聴いて初めて知ったのですが、都市伝説には様式美やパターンといったものもあるようです。
落語や怪談と同じようなものらしく元ネタとなる話があり、そこに時代の移り変わりとともに旬なワードが追加され、都市伝説が作られているらしいです。

この番組を聴き続ける事で基本パターンや様式美を学べば、自分自身で人を引きこむような魅力的な都市伝説も製作できそうな気もします。
ネタの創作は、人とコミュニケーションを取る上で必要となる場面も有るので、そういうパターンを学べるというのは良いですね。

その他のコンテンツとしては、最近出来た【知らなきゃよかった雑学】のコーナーも良い感じ。
これは、テレビの取材で訪れた取材現場でアンケートとり、そこで聴いた興味深いけど使われなかった情報を再利用するようなコーナー。
第一回は、多くのお医者さんに『どの病気になりたくないか』を聴き、意外な答えだった病気を雑学として発表するというもの。
素人だと、エボラや癌といったメジャーな結論に行きがちですが、その道の専門家は何を考えているのかを知るというコンセプトで、結構興味深かったです。


このように、都市伝説・陰謀論以外の部分に目を向けても、話の組み立て方が非常に上手いため、単純に話術の勉強としても役に立ちそうです。
番組の放送時間ですが、大体1時間ぐらいの放送を3~4分割にわけて、15~20分程度にまとめられています。
時間的にも、通勤通学のお供として良いと思いますね。


まだ始まったばかりという事で、追いつくことも容易です。
私と同じように陰謀論好きの方には、非常にお勧めです。

広告を非表示にする