読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だぶるばいせっぷす 新館

ホワイトカラーではないブルーカラーからの視点

国会議員の不倫を期に『育児休暇(育休)』について考える

去年(2015年)のことですが、国会議員が育休を取ると発言して、話題になりました。 その後、年を明けて(2016年)2月のことですが、その国会議員(宮崎謙介衆院議員)が、妻の妊娠中に不倫をしていたという事で、話題になっています。このニュースを受けて…

黒田バズーカ 第三弾? マイナス金利について考える

今年は、新年始まってからというもの、特大ニュースが飛び込んできましたね。 そうそう。 誰もが話題に取り上げている、あのニュース。 日銀によるマイナス金利の導入ですね。SMAP? ベッキー? 何ですか?それは。 それが私達の生活に、直接、盈虚があ…

景気が良くなれば 格差は縮小するのだろうか

先日のことですが、iPhoneのメイン画面を右にスライドさせると出てくるニュースで、ちょっと目を疑うニュースが配信されていました。 その内容は、資産上位者62人の合計の資産額が、下位35億人の持っている資産とほぼ同額というニュースです。格差社会が…

日本の生産性は高めるべきなんだろうか

去年(2015年)の事になりますが、日本の労働生産性が前年度比1.6%減少し、先進国最低を歩み続けているというニュースがありました。 この話を受けて、日本生産性本部の茂木友三郎会長(キッコーマン名誉会長)は、「勤勉な日本が…残念な結果」とい…

最近のマイナンバーの報道について思うこと

正月明けになって、またワイドショーがマイナンバーについて騒ぎ出しましたね。 その切っ掛けとなったのが、ポイントカードの一元化の提案ですね。マイナンバーカードに付いているICチップ部分に空き容量が有る為、その空いている部分にポイントカードのア…

中国の環境問題について 全体的な視点で考える

ここ最近に開催された観光関連会議のせいか、ワイドショーでは中国の環境問題が盛んに報じられてました。 二酸化炭素を大量に出しているという情報と共に、PM2.5の話をされるという流れが多いですね。 最近は一部の天気予報でもPM2.5の情報を流していたりす…

軽減税率よりも重税を

最近の政治関係の話題といえば、軽減税率の話ばかりですね。 軽減税率とは、簡単にいえば一部の商品の消費税を軽減しますよという話。 では何故、軽減税率が必要なのかという話になったのかといえば、消費税は消費した金額に対して税金が課せられる為、貯蓄…

ふるさと納税について考える

ここ最近、朝のワイドショーでは、ふるさと納税の話が頻繁に放送されます。 頻繁に放送されている原因は、今年の締切日が迫っているからという理由なのでしょう。 基本的には奨励するスタンスで放送され、『僅か2000円の出費でこれだけのものが貰える!』な…

GDPが2期連続で減少 アベノミクスとは何だったのか

少し前に発表された数字によると、日本のGDPは2期連続でマイナスになったようです。 この2期連続でマイナスというのは重要で、人によってはリセッション入したと断定する人もいます。 リセッションというのは、景気後退の事です。あまりニュースなどで…

フランスのテロと デビルマンの結末

先週末のことですが、フランスでテロが起こりましたね。 フランスも参加しているシリアに対する空爆が原因といわれていますが、詳しい理由は分かりません。そのテロに対しフランスは『テロに屈しない』と、早速、空爆を開始するようです。 今回の犯人が、難…

人口問題と景気

ニュースを見ると、『少子化』『少子化』 少子化によって物は売れず、経済成長は止まり、最終的には生活水準が下がり、国が崩壊する。 まるで少子化が止まって人口が増えれば、あらゆるものが好転するかの様な論調なのですが、個人的な考えでは、これらの考…

需要と供給へのアプローチ

2年ほど前 日銀の黒田総裁が、インフレ目標2%を掲げ、黒田バズーカと呼ばれる量的金融緩和を行いました。 内容としては、日銀が大量の国債を買い上げた上に、株や不動産投信などを買いまくるというもの。 その結果として何が起こったのかというと、円安です…

GDP至上主義と幸福

経済系のニュースを観ていると、国や中央銀行の代表などが、『GDPを伸ばすために…』と等と言っているのをよく耳にします。 ニュースの全体的な主張も、GDPが伸びることには何の異論もないような感じで、異論が出たとしても、GDPを伸ばすための方法に疑…

資本主義・消費社会は盤石なのだろうか

ここ最近、読み進めている本反逆の神話:カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったかを読んでいて、ちょっとモヤッとしたことが有ったので、今回はこの事について書いていきます。この本は、いろんなカウンターカルチャーについて書かれている本で、…

景気浮上と低所得者への時間と金の再分配

最近テレビでは、やたらと景気が回復しているという内容の番組を放映しています。 確かに数値で見ると、少し前よりも改善はしてきているのでしょう。 ですが、私が肌で感じる景気は、その【少し前】の方が『まだマシ』という印象です。勿論、業種によってバ…

目標を間違った経済政策

人にしても組織にしても、行動を起こす際には、まず、目標を掲げます。 これは当然の事で、目標を定めなければ正しい方向に歩み出すことが出来ないからです。 何処に向かって良いのかわからないのに、取り敢えず走ってみるというのは、良い方法とはいえませ…

四半期経済という考え方

経済系で最近の話題といえば、東芝の粉飾決算問題ですね。 来季の予想収益を前倒しで計上し、利益を水増ししたという問題。この問題によって改めて注目されだしたのが、四半期経済という考え方です。 私は余り聴いたことが無い言葉で、それほど普及もしてい…

経済について韓国から学ぼう

先日テレビを観ていたら、韓国経済の特集が組まれていました。 そレを観て思ったことが有りますので、今回はこの事について書いておきます。誤解のない様に最初に書いておきますが、私は韓国に対して特定の感情は持っていません。 その為、出来るだけニュー…

若者が選挙に行けば 政治は変わるのだろうか

最近ニュースを観ていると、日本の政治が悪いのは、若者が選挙に行かないからだという意見をよく聞きます。 確かに現状は、若者よりも老人の方が選挙の参加率は多い。 選挙は一人一票で行われるので、老人の意見が反映された結果が、今の政治ともいえます。…

部分的に取り入れられる共産主義

今回の話は、共産主義的なアイデアが、今の現代社会にも取り上げられているという話。 こういうタイトルを付けると、『また共産主義者がなんか言ってる』と思う方も居らっしゃるかもしれませんね。 ですが、別に『もうすぐ革命が起こる』なんて事を書くつも…

人手不足は嘘?本当?

最近ニュース番組で、頻繁に言われていることが有ります。 それが、『人手不足』 報道によると起業は人を雇いたくてしかたがない様ですが、人があまりにも不足している為、人材確保に力を割いているようです。 そう言われれば、普段目にする飲食店なども、求…

時代はゆっくりと変わってゆく

最初に少し愚痴を。 先週の盆休みの事ですが、昔に通っていた店に呑みに行った際、知り合いに久しぶりに会いました。 その知り合いはブログの存在を知ってくれていた様で、話はブログでもよく触れている、資本主義の話に。 このブログを読んでいる方はご存知…

資本主義の寿命

最近よく思うのですが、先進国ではそろそろ、資本主義が限界に来ているように感じます。 限界が来る要因は、資本主義というシステムは、上手く回っていく期間というものが決まっている。 それを超えると、とたんに回らなくなる欠陥システムだからでしょう。…

時間の奪い合いについて

時は金なりなんて言葉がありますよね。 お金は、時間を使って何かしらの労働をすれば手に入れることが出来ます。 資本主義の世の中では、そのお金を使用すれば、神の如き力を振るうことが可能です。 大抵の願望は、お金の力で叶ってしまう。その為、貨幣とい…

資本主義と身分制度

資本主義というのは、産業革命以降に起こった新しい思想の様に思われているが、実際の構造的には、昔の身分制度と変わりがない。 中世の世界では、武力を持つ人が土地の領主となり、その土地に住む人々から搾取する事で贅沢な暮らしをしていました。 この中…

アベノミクスと建設需要

最近、私の家の近所で、かなりの数のマンション建設が着工しだした。 少し前に消費税が上がったが、その際に駆け込みで契約した案件が、一斉に動き出したということだろうか。 それとも、今年から税制が変わったことにより、空き家の固定資産税が6倍に跳ね…

奴隷の鎖自慢

とある会社の入社式では、新入社員に対して社長が『君たちは生きる為に働くのではない。働く為に生まれてきたのだ』とのたまうらしい。 そういえば、大手居酒屋チェーンの会長も、『24時間仕事のことを考えて生きろ』的な事を言っていた気がする。 働く事…

日本での徴兵制について考えてみた

最近通った安保法案関連で、徴兵制の話が色んな所から出ている。 子供を持つ母親の活動家が、『貴方の子供を戦地に行かせるのですか!』と声高に演説し、感情に訴えかけている。 市民活動家だけならまだしも、野党の国会議員も、同じ様な事を主張していたり…

ギリシャ危機に学ぶ TPPについての疑問点

安保関連の話が落ち着いた次は、TPP関連の話が騒がれ始めました。 TPPを物凄く簡単に説明すると、労働力などの人の移動や出入りの規制や、関税を無くすことで、経済活動をより活発にしようという試みです。 細かい部分の調整で、規制や関税を残す部分…

国立競技場問題について考える ~ザハ(ZHA)氏は悪くない?~

ワイドショーは、安全保障の次は国立競技場の話ばかりをしていますね。 といっても、ほぼ取材はしていないようで、語られているのは建築費のことばかり。 その建築費も、出処がよく分からない数字。 テレビ各局は反対方向の意見の様で、そのバイアスをかけた…

資本主義と無料コンテンツ

資本主義が進んでいくと、ドンドン効率化が進んでいきます。 何故なら、サービスを提供するもの通しで競争が起こるからです。 競争の種類も様々ですが、一番分かりやすいのが価格競争。 その結果として、物の値段はドンドン低下し、デフレと呼ばれる状態にな…

小さな政府と大きな政府

大きな政府と小さな政府 政治経済では基本的な事なのですが、この言葉を知らない方も結構見かけるので、今回はこの事について、書いていきます。大きな政府と小さな政府は、基本的にはトレードオフ。 つまり、一本引いた線の端と端に位置する様な関係で、ど…

何もない事が強みになる

先日紹介した本、【楽観主義者の未来予測】では、コンピューターの性能の伸びの速さについて書かれていました。 http://kimniy8.hatenablog.com/entry/2015/06/28/211111 時間との比例ではなく、18ヶ月毎に2倍の性能になり、価格は半分になる。 つまり、同…

目先の数字に支配される政治

最近の政治を見てみると、先を見据えるという作業が無く、目先のことに捕われ過ぎている様に感じる。 目先の事とは、主に経済指数の事。『経済的に発展しないと、人は幸福にはなれない』という理念の元に政治を行っているのならまだ良い。 どのルートを通れ…

日本の安全保障について思うこと

最近ニュースでは、安全保障関連の話題をよく耳みする。 主な報道内容は、集団的自衛権を認めて欲しい与党と、それに反対する野党との言い争いなのですが… どうも、議論そのものが噛み合っていないような気がしてなりません。というか、野党が何を主張したい…

日本の安全保障について思うこと

最近ニュースでは、安全保障関連の話題をよく耳みする。 主な報道内容は、集団的自衛権を認めて欲しい与党と、それに反対する野党との言い争いなのですが… どうも、議論そのものが噛み合っていないような気がしてなりません。というか、野党が何を主張したい…

ギリシャ問題の表面しか伝えないマスコミ

先日のことですが、ギリシャが緊縮財政の是非を問う為、住民投票を行いました。 結果は、【NO!】ということで、緊縮財政は受け入れられないという答えをEU側に突きつけることになりました。この選挙結果の前から、マスコミはギリシャという国が如何に狂っ…

政治とマスコミに搾取される民衆

ここ最近起こっている問題を振り返ると、昔の政策のミスが多いように思える。 例えば【空きや問題】【介護問題】【待機児童問題】等は、国民が中心ではなく、経済成長を中心に据えた政策のツケが回ってきているだけのような気がします。といっても、政治家だ…

縮まる格差?

最近の経済をみていると、格差はドンドン広がっているようにみえます。 少し前に話題になったトマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』でも書かれていますが、資本主義社会では、時間経過と共に格差は拡大していくようです。 このまま何の対策も打たずに時間だけ…

ギリシャ危機の原因はドイツ

ここ最近、またギリシャ危機が騒がれ始めました。 私のブログのアクセス解析でも、【ギリシャ人 働かない】なんて検索ワードで訪れてくださる方がチラホラと。 しかし、前にも投稿で書いたことが有るのですが、今回のギリシャ危機の主な要因は、ドイツに代表…

機械にシェアを奪われる知的労働

前の投稿で、知的労働者が機械に取って代わられるという内容の投稿を書きました。若者は何故 未来のない大企業に就職しようと思うのか - だぶるばいせっぷす 新館kimniy8.hatenablog.com不安定化する【大企業】という職場 - だぶるばいせっぷす 新館kimniy8.…

不安定化する【大企業】という職場

少し前に、20150504 若者は何故 【未来のない大企業に就職しようと思うのか】という投稿をしました。若者は何故 未来のない大企業に就職しようと思うのか - だぶるばいせっぷす 新館kimniy8.hatenablog.com このタイトルから勘違いされる方も多いのですが、…

『相場のプロに任せる』という甘い考え

最近、TVコマーシャルを観ていると『ラップ口座』なる言葉を頻繁に目にする。 主に証券会社が提供している口座なのですが、10年ほど前に規制緩和が行われてから普及し始め、最近の株高で勢いを増して普及しているようです。『ラップ口座』を簡単に説明する…

野党の存在意義

ここ最近、討論番組。特に政治系の番組をみると、ストレスが溜まることが多くなってきた。 その主な原因は、議論が余りに咬み合っていないからです。では何故、議論がかみ合わないのか。 私が考えるに、その原因はシステム。 過半数を超える与党と野党に別れ…

1000年後の未来から今を考える

先日、東京以外で放送している【そこまで言って委員会】という番組を観た所、前提条件付きアンケートという企画が行われていました。 どんなアンケートかというと、政治経済についてのアンケートを取るのですが、そこに前提条件をつけてみようという試み。例…

ギャンブル大国 日本

ここ数年間、日本では『カジノ法案』で揉めていますね。 反対派の意見としては、ギャンブルで人生を棒に振る人が出てくるといった意見をよく聞きます。 それに対して賛成派は、既に公営ギャンブル場が存在するし、パチンコというグレーゾーンのギャンブルが…

目先のことしか考えない日本

最近の国の動きを観ていると、先のことを見据えて動くというよりも、場当たり的な動きが多いような気がしてならない。 取り敢えず問題が出たら対処療法的に行動し、問題を抑える。 対処療法でも行動してくれれば良いが、国民の視点を変えて、行動自体はしな…

自転車の規制強化について考える

2015年の6月から、自転車の規制強化が行われました。 違反をすると切符を切られ、3年以内に2回の違反で、罰金+講習の義務が課せられるようです。私が聴いているwebラジオ【ネットラジオ BS@もてもてラジ袋】でも話題に触れられており、また録り溜め…

全ての原因を少子化にしてしまう風潮

最近TV等のメディアを見てみると、政治経済で都合がわるいことが起こると、少子化を原因にしてしまうという論法をよく見ます。 しかし冷静に考えると、少子化と年金問題などは、関連性はあるが別問題ではないでしょうか。という事で今回は、少子化が改善す…

大阪都構想の一連の流れを観た感想

*最初に書いておきますが、私は大阪市民でも府民でも有りません。 今回の内容は、そんな私が野次馬的に思ったことを書いていく投稿です。また、私自身は橋本さんのキャラクターそのものが結構好きです。 その為、今回の投稿もその様なバイアスがかかってお…